中学受験 倍率

中学受験 倍率

中学受験 社会で成績アップをお考えの方はクリック
【提供元】  中学受験 社会科専門のスタディアップ様 


中学受験の受験倍率について説明します。中学受験の中で、受験倍率には2つの数字があります。ひとつが、「応募倍率」、もうひとつが「実質倍率」です。

応募倍率………応募者数÷募集定員
実質倍率………受験者数÷合格者数

例えば、A中学校の募集定員が400人だとします。そこに1600人が願書を提出した場合、400人の枠に対して1600人の応募となりますので、応募倍率の計算式は以下のようになります。

1600÷400=4.0倍

しかし、中学受験の中で、願書を提出した受験生が当日、全員試験を受けるかというと、そうではありません。
首都圏では、2月1日に2つの中学を同時に申しこんでおく ダブル出願や、第一志望校の合格が決まったからもう受験しないという可能性があるからです。

しがたって、応募者数と受験者数は異なりますし、募集定員と合格者数も異なります。
募集定員が400人の場合、合格者を400人にすることはまずありえません。なぜksといいますと、合格者全員が、その中学校の入学手続きをするとは限らないからです。したがって、合格者は募集定員より若干多めに出るものなのです。例えば、募集定員が400人のA中学校に1200人が応募すると応募倍率は3.0倍となります。

しかし、実際の受験者が900人になり合格者は募集定員よりも50人多い450になると
実質倍率は900÷450=2.0倍となります。

したがって、一番重要なのは実質倍率なのです。
応募倍率と受験倍率では数値が大きく異なる学校はしっかりとみておくことが、中学受験の倍率では重要です。